「楽な仕事」だったら何でもいい?

アルバイトをするときに時給を気にするのは当たり前のことですが、それ以上に仕事内容も気にする時代になりました。
いわゆる「ブラック企業」というものに対する警戒心からですが、それを聞いて思ったことがあります。

アルバイトをする上で忙しい仕事と楽な仕事ならば、多くの人は楽な方を取りますが、例えば楽な仕事と言っても「単純作業の連続」だとすればそれでも楽な仕事を選ぶのでしょうか。

例えば、延々と8時間倒れた商品を立て直すだけの作業です。
これを延々と1ヶ月、1年とやり続けることが出来るのでしょうか。
私にはそのような仕事を続けている精神力はありませんから、たぶん3日と持たずに辞めてしまうと思います。

仕事における業務内容は確かに重要ですが、それ以上にもっと深く考えてみると「肉体的に大変」と「精神的に大変」という二つに分かれていることが分かります。
もちろん二つともあてはまる場合もありますが、その辺を勘違いして、見た目だけで楽なアルバイトだと思ってしまうと大変なことになりそうです。