いちばんがんばったアルバイト

大学時代いろいろアルバイトしてました。
中でもいちばん力を入れていた(?)のは、予備校でのアルバイト。といっても教えるわけではなくて、クラス担任というような先生のサポート役をしていました。
生徒が来る前に、先生との打ち合わせ、欠席確認、電話対応。。など事務仕事一般。生徒が来てからは小テストの採点やクラス通信つくったり、とちょっとした社会人のようなことをやっていました。
何よりいちばんやりがいがあると思ったのは、やっぱり生徒たちが慕って相談してくれたり(勉強のことだけでなく。)、いろんなことを打ち明けてくれたり、生徒たちはもちろん、スタッフや先生たちと関わることで人とのふれあいができたことが自分自身を成長させたなぁと今になって思います。
社会人になって、全然このアルバイトとは違う世界に就職したけれど、この経験が本当に役に立ったと痛感しています。先輩後輩との関係や、スタッフ(上司)との人間関係、社会人としてのマナー、色々学べたので本当に楽しかったしいい思い出です。