いつもとは違うジュースの味

バイト代は安い。しかも、店員は不足しがちなので、忙しい日は仕事時間がかなり押してしまう。加えて深夜の業務。これらの悪条件が重なると「辞めてやろうか。」と思いたくなるものですが、私は辞めませんでした。そんな忙しい日にはご褒美があったからです。
ある社員さんが始めたことだったのですが、終わったらジュースをおごってくれました。従業員の休憩室にある自動販売機で、カップで飲むタイプのものです。決して高いものではありません。100円ちょっとで飲めるものです。しかし、そんなジュースでも、疲れた後に飲むととても美味しく感じることが出来ます。それは、おごってもらったからなのか、疲れた時に飲んだからなのかは分かりませんが、自分で買った時とはちょっと違って感じられました。
以来、私のお店ではそれが習慣となり、社員さんが転勤した後は、先輩がおごってくれていました。そんな様子を見ていると、辞めようと思わなかったのはジュースがあったからではなく、このお店の雰囲気の良さなんだと思いました。