いつものデートは図書館なのです

大学生だから毎日勉強をしていました。そして放課後はいつも図書館でデートをしていたのです。私はいつだって、彼の事を図書館で待っていました。
私と彼は通っている大学が違ったのです。だから私のほうが早く終わるので、いつも一足先に図書館へ行って待っていたのです。たまに寝てしまう時もあったのです。
そんな時は彼は来ても、私を起こさずに寝かしておいてくれるのです。それが私と彼のデートだったのです。
図書館は夏は涼しくて冬は暖かいです。それが嬉しいのです。貧乏学生なので、デートでどこかへ行くお金もありません。そんな時間とお金があったら、もっと勉強をしないといけません。
私達には夢があるのです。お互いその夢を叶えるために、大学へ通っているのです。だから恋愛も大事なのですが、まずは勉強第一だと思っています。
私も彼もデートの時も、図書館で勉強してお互いを支え合っているのです。こんなデートもいいと思います。毎日楽しいのです。