お休み前の金曜日に喫茶店でお茶してました

大学に4年間自分の車で通っていました。授業がびっしりだった1年生は息抜きが必要だと考えて、お母さんが素敵な喫茶店を見つけて連れて行ってくれました。月曜日から木曜日は自分の運転で通って、金曜日だけは一緒に喫茶店でお茶するためにお母さんの車で送って行ってもらいました。授業はどんなに遅い時でも6時には終わります。そのことを知っていたのでお母さんは6時には学校の門の前まで迎えに来てくれました。高校の時は4時前には学校が終わる生活だったので、朝9時から始まり6時に授業が終わる大学の生活は慣れるまで大変でした。週1回楽しいことをしてあげようと喫茶店が大好きな私のために用意してくれたお母さんのサプライズは非常に嬉しかったです。そのころはコメダ珈琲の全盛期でした。通う途中の道にあったので、毎週金曜日の帰りはここに立ち寄ってゆっくりして帰りました。いつもホットコーヒーを注文して、たまにケーキも食べたりしてました。疲れた体を元気にしてくれた抹茶のケーキは、何年も経った今でも注文しています。抹茶ケーキと聞くとお母さんと喫茶店に行った金曜日を思い出して懐かしいです。