お化け屋敷があまり盛り上がらなかった

学園祭の出し物としてお化け屋敷をやったことがあります。その時には私のクラスに目立ちたがり屋が沢山いて、面白い案が次々と出てきて相当派手なお化け屋敷になると思われたのです。

ところが、大量の段ボール箱で通路を作ったり仕掛けを色々作りをになって分かってきたのは、想像していたドキドキ間は、自分で作るとあまり感じられないということ。迫力がでないので、今一つなのです。

それが分かってきても、既にやり始めた事なのでストップすることが出来ないのです。一通り全ての作業が終わって完成したのですが、テスト的に別のクラスの仲間で試してみたのですが、驚く事は全くありませんでした。

なぜおかしいのか検討していると、ボリュームを上げて音楽を流してることがまずいという事が分かったのです。それから中にいる担当者もみんな声を潜めて、無音で入ってくる客を待つことにしたのです。

これがかなり良い感じであり、大失敗と思われたお化け屋敷ですが、どうにか最後までやり遂げることが出来たのです。