お化け屋敷が強度不足

私が学校に通っている頃には、学園祭でお化け屋敷をやったことがあります。その時には、大量の材料を調達するのに何日も費やしました。

段ボール箱だけでは強度が足りないということで、プラスチック製の段ボールのようなプレートを沢山使用して作りましたが、あまりにもお金がかかると予算オーバーになるので、強い素材を探して歩き回ったのです。

前もって試行錯誤を重ねたので、お化け屋敷が完成したときにはかなりの完成度だと感動できました。人がぶつかったくらいでは壊れることはなかったのですが、実際にお化け屋敷をスタートさせてみると、ものの3時間程度では破壊されてしまいました。

お客さんのせいではなく私達が作ったお化け屋敷の強度が足りなかっただけです。という事で、急遽補修作業をしたのですが、このようなパターンが何度も続き、結局は最初の段階での設計ミスということに落ち着いたのです。

学園祭が毎年開催されていたのなら、もっと上手にお化け屋敷が作れたはずです。