お受験に挑む子供達

友人達と定期的に居酒屋で集まって近況報告をする事があるのですが、その時に決まって話が出るのがお受験のことです。中学生が好きな高校に入学するために受験をする事は当たり前のことですが、最近は中学にも受験で入るし、良い小学校に入るにも受験が必要になってきます。

子供達の能力を振り分けるという意味では、受験は必要なのかもしれませんが、義務教育の現場でも受験が関わってくるというのはどうか?と考えてしまいます。

優劣をつけて子供達をある程度振り分けることは必要な事かもしれませんが、中学生以下のまだ何も分かっていない子供に受験を迫るのはどうかとも思うのです。

学業を専門に考えている親がいるなら間違いなく私立に行かせるはずです。逆に言えば公立に通っている生徒から悪影響を受けたくないという考え方もあるのかもしれません。エリートの人たちの間で育てば、エリートになることは間違いないはずです。

ですが、違う個性が入り交じってこそ楽しいのではないかとも思うのです。