お客さんとしてよりも出演者としての方が楽しい

学園祭は高校の頃に初めてやりました。
漫画の世界だと中学の頃から学園祭があるという話を聞いていのでワクワクしていたのですが私の中学校では学園祭はなく体育祭のみでした。
がっかりしたのですが、3年間我慢して高校に入学すると念願の学園祭がありました。

学園祭というのはイベントですから、イベントはやはり出演者の方がはるかに面白いと思います。
単純にお客さんとして参加しても学園祭の出し物自体はそこまでクオリティーは高くないですから満足感が得られるものばかりではありません。
ただ、出演者としてならば何とも言えない高揚感とともに満足感が得られるのですから気に入っているのです。

高校の頃はそのことを知らずに1年生の頃は委員会の方の出し物で図書ブースにずっと座っていました。
これは恐ろしく退屈でした。
それと同時に「学園祭に参加するというのはこういうことではない」とも思いました。

2年以降は積極的に参加したのですが、そういった体験から未だにイベントは見るよりも出演する方が楽しいと思っています。