お店の鍵を預かったこと

通常は、販売店のお店の鍵は店長が預かっていることが多くあります。私が勤務したレンタルビデオショップの場合は、店長以外にスタッフが4名ほどしかいませんでした。なので、私がお店を開け閉めする鍵を預かったのです。

アルバイトでありながらお店の鍵を預かり、売上金を銀行の夜間金庫に入れてくるという作業をするようになりました。なのでアルバイトの料金以外に手当を少しばかりもらっていました。

ただ、夜間金庫に行ったりする作業は結構な手間なので、手数料を少しもらっただけでは引き合わない感じだったのです。しかしお店の事情で私がこれを引き受けないと他のアルバイトでは時間の都合が難しかったのです。

後で考えてみると、このような責任ある仕事をいくつもこなしていくことが、将来にスキルアップする事に繋がると思うのです。実際に正社員として商品を販売する会社に勤めたことがあったのですが、夜間金庫などの作業は経験があったのでスムーズにやることができたのです。