お礼状は本当にいつも出すべきか

昨今の就活は色々マニュアル化され、個人であれやこれや考える余地がなくなってしまった様に感じます。例えばお礼状。私からすれば、お礼を言いたい気持ちになった場合や、忙しい貴重なお時間を割いて頂いたと感じるのであれば、お礼の意を伝えれば良いという考え方ですが、最近はお礼状を出すのは当たり前の事の様に言われているみたいです。
例えば面接を受けた際、別れ際に重ね重ねお礼の意を告げた場合、その後にお礼状を送る必要を私は感じません。また逆に言いたい事がうまく言えなかった場合はお礼状を送ったりしています。
この様な事が少し気になったので調べてみた所、お礼状を出そうが出すまいが採用結果には関係ないと述べている方もいらっしゃいます。採用結果に関係ないから送らない、と言うのも微妙な気分です。またどちらを採用するか迷った時に、お礼状が来た方の人を採用する可能性が高い、から送ったほうが良いという意見もある様でこれは信憑性が高いと思いました。ただ、いつも常に送るかどうかはやはりケースバイケースだと私は思います。