お祭り会場の交通整理

夏場にお祭りの時期になると、アルバイトの募集広告が増えます。そのほとんどがパーラーなどの露天でお客さんの前で食べ物も作って販売するスタッフの募集なのですが、そんな中で交通整理というアルバイトもあったのです。

お祭りの実行委員会からの募集なので、真面目にやって良い印象を持たれれば、毎年面接なしでアルバイトに呼ばれるかもしれません。なので、仕事をすることにしたのです。

面接行ってみたら、以外にも交通整理をしたいという人は少ないようで、すぐに採用になりました。教えられたのは時間帯による交通量の多さと、誘導するときの注意点です。誘導をやったことのある経験者からエピソードを聞いて、事故が起こらないように状況のすり合わせを念入りにするのです。

そして、当日になりましたが。私は立って手を動かしてるだけで仕事が完了している状態でした。何もせずとも立っているだけで意味があり、通れる道と通行止めな通りが一目瞭然なのです。