お菓子を作るアルバイト

求人情報誌に書かれていたキャッチコピーが印象に残っているのです。「私達と一緒にお菓子を作りませんか?」という言葉だったのですが、募集している会社はクレープやパイ、地元の特産品を使ったアイスクリームなどを販売している会社でした。

日持ちもしない和菓子などを、県内の食品スーパーに卸しており、中々美味しいので私の県内ではお決まりのブランドなのです。そのお店で働けるアルバイトなので、やってみる価値は十分にあると思ったのです。

そして、実際に仕事をすることになりましたが、仕事内容はマニュアルに定められた分量の材料を機械の中に入れる作業です。私が担当したのは生地を作る部分であり、お菓子の完成に大きく左右する部分です。

1グラムでもズレないようにきっちり分量を量ってから機械に投入するように細心の注意を払っていました。なので、私がアルバイトをしていた期間に一度もミスは起きませんでした。たまに新商品を検討しているときには、テストで作ったお菓子を沢山持ち帰ることが出来てラッキーなこともありました。