お金のためたけじゃないアルバイト

大学生の頃、初めてアルバイトをはじめました。

学生の本分は勉学…確かにそうかもしれません。
しかし、我が家は決して裕福ではなく、自身のお小遣い欲しさにはじめたのがアルバイトでした。

居酒屋・食品の店頭販売・屋台・研究補助…時給の良し悪しや、肉体的なしんどさ色々ありましたが、多くの人にかわいがっていただき、お金のためだったはずが、人脈も広がり、沢山のことを学ぶことができました。

働くとはどういうことなのか…どういう心構えが必要なのか、どんな仕事でも人と人とのつながりが大切だということを教えられました。

中には雇い主とトラブルになったこともありますが、それはそれで全く知ることのなかった労働基準法について知ることができ、就職してからもその知識は自身の糧になりました。

当時は勉学との両立で辛いときもありましたが、振り返れば本当に良い経験だったと胸を張って言えます。

もちろん勉学に支障をきたさないよう、職種はある程度選ばなければと思いますが、学生のうちのアルバイトは良い経験になると思います。