お金のためのアルバイトのはずが仕事に意欲を燃やすように

アルバイトとして働いていると、当初はお金のためだったのにいつの間にか仕事のために働いている、という状態になっています。
お金のためではなく、働くために働いている、というのはとても良い状態だと思います。
仕事に対して責任感が出てきた、仕事が楽しくなった、という証拠かもしれません。
当初はアルバイトを始め、アルバイト代で何を買おうか、余剰金ができるから沢山お金が使える、とお金が入るほくほく感を感じていました。
段々と、アルバイトに対して責任が沸き、今日はどんな仕事があるんだろう、もっとレベルアップしたい、と仕事に意欲を燃やすようになりました。
今では、アルバイトをして得たお金は貯金をし、アルバイトの目的は働く楽しさや達成感を得るためとなりました。
毎日休み無く働いていますが、アルバイト時間は短時間であるために負担はありません。
遊びながら、生活を楽しみながらアルバイトもこなせており、とても良い状態かと思っています。