お金のない学生が1日デートで楽しむなら浅草

学生のイメージと言えば貧乏です。私自身がそのような境遇で学生時代を過ごしてきたからかも知れないが、学生カップルがデートをしようとするならばなるべくお金のかからないコースを紹介して差し上げたい。そんな学生達に紹介するデートコースは浅草です。

浅草の雷門から仲見世通りを歩いて本堂まで行く、これだけで3時間はしっかりとつぶせます。また、途中で買い食いをしたかったら安いお店がたくさんあります。しかもおいしいです。揚げまんじゅうの揚げたて、人形焼きの焼きたて、おせんべいの焼きたてと種類も豊富です。仲見世通りから少し外れれば満願堂の芋きんつばや芋ソフトクリームなどワンコイン以内で楽しめる贅沢が満載です。センスの専門店、おもちゃやを見て歩いているだけでもたっぷり時間をつぶせますし、人形焼きを焼いている職人さんを眺めていてもそれだけで楽しいです。

お腹が空いてきたら、安く済ませるならもんじゃ焼きの安いお店が結構ありますので、もんじゃでお腹を満たすのは最高です。お腹が満足したら浅草寺から歩いて15分もかからないところにカッパ橋道具街があります。この商店街、料理人のプロとかいろいろな職人さんだけが訪れる場所ではありません。素人がいろいろな道具を見たり、食品サンプル専門店を見たり、包丁の専門店を見たりと商店街全体がアミューズメントスタジオみたいでみどころ満載です。朝早くから夕方遅くまで1日たっぷり遊んでもまた行きたくなる、そんなデートスポット浅草です。もちろん本堂で二人の将来を御願いするのも忘れてはいけません。