お金の管理を学んだ大学時代

私は大学生の頃、お金の管理の大切さを心から実感しました。
大学生になって親元から離れて東京で一人暮らしをするようになったのですが、最初はお金の使い方や一ヶ月に必要な出費がわからなかったり、生まれて初めて作ったクレジットカードを使い過ぎて困ったり、お金で失敗したこともあります。
大学時代の一人暮らしでお金を上手くやりくりする方法を学んだり、アルバイトを頑張るモチベーションを保つことが出来て、本当に勉強になりました。
私は大学生になるまで一度もアルバイトをしたことが無かったのですが、自分でお金を稼ぐことの大変さやしんどさには驚きました。
ただ、アルバイトはしんどくてもお客さんが喜んでくれたり上司から褒められたりすると本当にやりがいがあって面白かったですし、アルバイト先で良い仲間を持てたり、目上の人に対する態度や関わり方を実践的に覚えることが出来た経験は今も生きています。
大学時代は積極的にいろんなアルバイトをしてたくさんの業界を垣間見たり、面白い仕事を経験することが出来たので、人生経験が深まりました。