お金はなくても充実はしていたあの頃

大学時代はとにかくお金がなかったです。でも貧乏でつらかったかと言うとそうでもないんですよね。
お金は無かったですがお金がないなりにやりくりするのは、わりと楽しかったんです。
バイトをしていたものの月の収入は光熱費や交際費であっという間に消えて行きます。
家賃は親に払ってもらっていて、学費は奨学金を借りている状態でした。
バイトは講義で忙しかったこともありあまりできず、月の収入は3万円ほど。
光熱費が毎月7000円くらいで、残りで生活費を賄わないといけません。
お昼は自分で作ってお弁当を持っていき、とにかく安い店でたくさん購入して冷凍保存していました。
そのため友達の誘いを断ってしまうこともあり、自由に遊べなかったのは少しつらかったですね。
当時のバイトが飲食店ではなかったので賄いが出なかったのも失敗でした。
でもお金の大切さは痛いほどわかりましたし、お金を一人で稼ぐ大切さもわかりました。
それに食費がない分太りませんでしたしね。貧乏でも楽しい学生時代でした。