お金は大事なモチベーション

若い頃、もう十何年も前になりますが、大手の引越し会社でアルバイトをしていました。
大学をなんとか卒業し、とりあえず上京した、今思えば世間知らずな若者でした。
なんの知識も経験もない若者ができるアルバイト、そう力仕事です。
高校時代は野球をやっていたこともあり、体力にはいささかの自信あり。
体格も良かったことが幸いしたのか面接は合格。さっそく勤務開始となりました。
いざやってみると、かなりしんどい。引越業界をナメてました。
そしてすごい技術。腕力もさることながら、テコの原理などを利用して、重たいものでも2階にあげたりと驚嘆の毎日でした。
そんな中で、うれしかったのはお客様からの「ご祝儀」。
業界ならではの習わしとのことでした。あくまでも風習なので、お客様によっては(ありがたいんですけど)ほんの少しだったり、作業員1人に対し1万円もくれる方もいたり、様々でした。
正直に言いますと、私の班はこのご祝儀があるかないかで、だいぶやる気が違っていました。
惜しいお客様もいて、作業が全部終わったあとで、ご祝儀をくれたりするのです。
とっても残念!先にくれてたらもっと早く終わったし、普段やらない掃除とかのサービスもしたのに!
という感じです。
いま大人になって、自分が引越するときは、先に一人ずつに渡すようにしています。