お金を貰っているのだからアルバイトでもプロ

学生時代、勉学ばかりをしていると疲れてしまいますので、息抜きとしてのアルバイトを入れていました。
短時間のみのアルバイト勤務ですが、時給が高いためにまとまった金額となっていました。
アルバイトをしていると、嫌な事や勉強からの気分転換とできていたようです。
アルバイトを入れていても、なんだか生きがいが無いなあ、とぼんやりとしてしまう事が多かったのですが、アルバイトが終わった後に晩酌をする、と決める事で張り合いが出てきました。
晩酌の際に必要な金額はアルコールの百円、おつまみは夕飯代わりですので、多額の費用が必要になる事もありません。
働いた後に晩酌をする事を生きがいとしている人は、自分以外にも沢山いるのだなあ、と色々なメディアや人の会話を覗いては思いました。
どうせアルバイト、たかがアルバイト、と低い自己評価を持つアルバイターもいますが、私は短時間のアルバイトといえどもお金を貰っている時点でプロ、と言われた時は自分が認められたような嬉しさを感じました。