かなりいい加減だったアルバイト時代

私が高校生の頃は現在のようなアルバイト情報誌というものがありませんでした。もちろんインターネットもありません。アルバイトは知り合いの紹介か、店先の張り紙や新聞の求人広告を頼りに探すしかありませんでした。
でも、友人の中に強者がいて、私がアルバイトをしてみたいと言うと、その友人は「お店を一軒ずつ回ってアルバイトを雇ってくれないか聞いたらいい」というのです。
そんなアルバイトの押し売りみたいな…、と思いましたが、その友人もアルバイトを探していたので、アルバイトを求めて一緒にお店めぐりをすることにしました。お店と言っても、高校生が働けそうな健全なところでなくてはいけません。当時は喫茶店への出入りも表向きは禁止されていましたから。
どんなお店を回ったのか今はもう詳細には覚えていません。それでも程なくして、ある本屋さんでめでたく雇ってもらえることになりました。
しかし仕事ぶりはというと、今から思うとかなりいい加減で、よく雇ってもらえていたなあと思います。
それに比べて現在のアルバイトの方々は優秀だと思います。