かなり短時間の勤務になる掃除のアルバイト

アルバイトという雇用形態の特徴は、労働時間ですね。正社員などに比べると、1日あたりの労働時間が比較的短めになっているケースが多いです。正社員の場合は1日あたり8時間程度は働くことが多いですが、アルバイトの場合は1日に2時間というケースも多々ありますね。
ではどういう職種であれば1日に2時間という働き方になっているのかというと、掃除です。街にあるショッピング施設などでは、たまに掃除専門のスタッフの方を見かける事がありますね。あの掃除のアルバイトの場合は、たいてい労働時間が短時間なのです。
そしてそのお仕事の場合は、勤務時間帯も少し特殊な一面があります。朝早くから働いている事が多いですね。朝6時から8時までの2時間のみ働くという職場が多いようです。
ただし掃除のお仕事でも、正社員の場合は話は別のようです。その雇用形態の場合は、朝から夕方まで働いている方々が多いようです。
つまりアルバイトという働き方では短時間勤務ができる訳ですが、掃除のお仕事の場合はその傾向が顕著なのかなと思います。