がんばったアルバイト

大学時代いろいろアルバイトしてました。
その中でも予備校でのアルバイトがいちばん印象的です。こういうアルバイトってなかなか経験できなかったなと今になって思います。いろいろある中でもいちばんといっていいほどがんばったのは、このアルバイト。といっても教えるわけではなくて、クラス担任というような先生のサポート役をしていました。
生徒が来る前に、先生との打ち合わせ、欠席確認、電話対応。。など事務仕事一般。生徒が来てからは小テストの採点やクラス通信つくったり、とちょっとした社会人のような仕事をやっていました。
なんといってもこの仕事は人と触れ合うことができるので、私には向いていました。生徒たちが慕って相談してくれたり、いろんなことを打ち明けてくれたり、生徒たちはもちろん、スタッフや先生たちと関わることによって自分自身が成長していったような気がしています。
社会人になって、全然違う世界に就職したけれど、この経験が今の私にさせてくれたといっても過言ではありません。先輩後輩との関係や、スタッフ(上司)との人間関係、社会人としてのマナー、色々学べたので仕事自体は大変だったけど、とてもやりがいを感じられたアルバイトでした。