ここが一番便利だったのですが…

アルバイトをしていた頃、常に持ち歩いていたものがあります。それは輪ゴムです。レンタルショップで働いていたのですが、CDケースが割れてしまい、外れて付けることが出来ないということがよくありました。基本は他のケースに替えたりするのですが、ケースがない場合もあるので、そんな時は仕方なく輪ゴムで何とかしています。そのため、CD担当だった私は常に輪ゴムを持ち歩いてました。しかし、持つのは面倒です。使うとも限りません。なので、持つのではなく、腕に巻いていました。最初は気持ち悪かったものの、慣れてくるとこちらの方が便利ということで気にしなくなりました。
しかし、そんなことをしているのは私しかいないということで、同僚は気になっていたようです。「そんなことをするのはお前か、おばちゃんくらいものものだ。」と笑われてしまいました。確かにおばちゃんしか見たことがありません。ちょっと格好悪く思った私は、ポケットに入れる形に変えました。ただ、入れたまま服を洗ってしまうことが多く、今度は母に怒られてしまいました。やっぱり腕が一番です。