これまで最もキツかったバイト

これまでに引越、配送、事務所移転、交通量調査など様々なバイトをしてきました。
体力にはそれなりの自信がありますが、ひとつだけ1日でギブアップしたバイトがあります。
それは、自動販売機の飲料の補充です。それ自体はさほどではないのですが、現場が最悪で3時間で9000円の破格の条件に飛びついたことを一瞬で後悔しました。
案内されたのはとある神社。境内にある自動販売機に350の缶と500のペットボトル飲料を補充するんですが、境内まで約300段の階段を上らなければなりませんでした。担当社員と2人の作業でしたが、担当社員は背中に5ケースを背負い両脇に1ケースずつを抱えて階段を登っていきます。
「3時間で自販機4台分やるから、最低4ケースは1回で運んで」
缶を40ケース、ペットボトルを20ケースを、担当社員が36、私が24で運びました。
私は背中のキャリヤーに4ケース背負って上ったんですが、300段の上りはハンパじゃありません。
足はガクガク、滝のような汗、心臓はバクバク。
気力を振り絞って、3時間で何とか6往復。
「とりあえず3時間でやりきれたの君で2人目」
翌日から3日動けませんでした・