しっかりと就活の努力しているので成功は近いと確信しています

就活というものはいま数打ちゃ当たるという理論で大量に受けるのが当然となっています。それはまさに可能性の問題で、自分にとってここがいいということを考えて受けてみたところで、本当にそこから評価されるかどうかはまったく決まっていないからです。相手が自分にどういう評価を下すかということは正確にはまったくわかりません。だからこそ、わからない部分を数で埋めるということになっています。
しかし、問題はいくら数を打ってみたところですぐには就職を決められないという事情があることでしょう。特にどういった人が理想的かということを考えたところで、その人が会社にくるとは限りません。それでも企業は内定を出しますが、拒否されて空きが出来ます。そこに詰め込まれることを願っている人も多いため、就職では数を打っていくのです。
最終選考まで進むことができれば就職の内定を貰うことは難しいことではなくなります。そこまでいったうえで一度落とされたとしても、本命がいなくなったことで逆にあとから内定がくることもあるのです。そうした可能性に期待することも大事なので数を打つ努力は不可欠といえるのです。