その授業によってクラスにいる人が変わる大学の選択授業

  高校から大学に入って新鮮に感じたのは、授業によってその時一緒に授業を受けるクラスメイトが違うことです。
  必修の授業があった1年生の時は授業によって他のどのクラスと合同になるかが変わってきましたし、必修でない授業はクラスだけでなく色々な学部や学年の人がいて面白かったです。
  少人数のクラスでは他のクラスの人とも仲良くなれたりして、大学時代は高校までとは友達の作り方が全く違ったように思いました。
  授業によっては部活の先輩と一緒に受ける授業があったりして、知っている人をクラスで見かけると嬉しくなりました。
  私は他の学部の授業でも履修することができて興味があるものなら、積極的に履修しました。
  私はどの授業でも真面目に受けている方でしたが、授業によって緩い授業と厳しい授業があったりするのも、さすが大学だなという感じがしました。
  私は経営学部でしたが語学にも興味があったので、語学の授業がたくさん履修できたのも嬉しかったです。
  大学の授業はそれぞれ新鮮に感じられて良かったです。