そりゃ帰りは楽でしょうけども

私の通っていた大学の前にはかなり大きな坂がありました。歩いているととても疲れる坂です。しかし、バスは利用者が多くて乗れるか分からない、バイクはある理由から不便ということで、ほとんどの学生は歩いて上っていました。しんどいとは思うもののどうしようもありません。毎日不満たらたらで全員上っていました。
そんな私たちの隣をあるものが通り過ぎていきました。自転車です。角度も長さもかなりきつい坂なので、初めて見た時は「えっ。」と思わされました。しかも、降りて持ち上がるのではなく乗っています上っています。信じられない光景でした。中にはロードバイクでもなく、電動自転車でもなく、ごく普通のママチャリで上っている学生もいました。
確かに帰る時は一瞬でしょうから楽だと思います。ですが、上るとなるととても大変です。しかも他の学生がいるためか、降りないで上ろうと意地になっているように見えました。すごいなとは思いましたが、決して真似したいとは思えない光景でした。