ちょっと他とは違う企業の面接体験

私の就職活動時代のことです。当時はとにかく就職先だけは確保せねばと、面接や企業研究に明け暮れる毎日でした。多くの企業で一次面接で落とされ、手応え十分だと感じた面接でも落とされ、正直かなりへこみました。

そんな中、ふと興味を持った比較的小規模な企業への面接にエントリーしました。その企業では、それまでの面接会場の雰囲気ではなく、お互いがまずリラックスして、それから言いたいことを言い合うというちょっと変わった面接でした。正直それまでの度重なる不合格通知に「面接」という言葉すら嫌になっていた私ですが、そこでの面接は初めて心から「楽しい」と思えるものでした。その後30分ほどで面接が終わり、数日間一次面接の次の二次面接の知らせを期待しながら待っていた私の元に届いたのはまさかの合格通知でした。

事前の説明では一次と二次で行うことになっていたので、なぜか一回の面接で合格通知が来たときは本当に驚きました。つい最近その理由を改めて聞いてみたところ、「何か一回でもいける気がしたから」というざっくりとした返事を貰いました。そんな若干いい加減なところもある会社で、勿論大変なところもたくさんありますが、私は今でもこの会社で楽しく働いています。