できないと思えばその通りになること

受験の際には、都合の良いように考える事が沢山あります。既に間に合わないとか、今更ここを勉強しても時間の無駄..のような勉強する上で効率的にこなしていくためにやった方が良いことと、やらない方が良いことを分けるようになるのです。

ただ、そのような状況になる前に、自分で区切りを作ってしまうところが問題だと言えます。ここから先は自分がいくらやってもできないかもしれない..と言う風に壁を作ってしまうと、いつまでたっても乗り越えることができない状態になります。

そして時間が迫ってきて、無理だからやっても意味がないという考え方に変わるのです。「できないと思えば、その通りになる」と塾の先生にも言われたのですが、まさにその通りです。自分ができないと考えた時点で乗り越えようとする意思を放棄したことになります。

これが悪い癖になって、いつまでもできない部分を残しておくようになってしまいます。これの積み重ねが偏差値の数字に表れてくるのだと思います。