とても役に立った学生時代の生徒会活動

私は中学生の時、生徒会活動をしていました。
その生徒会活動の経験が、私のその後の人生においてとても役に立っています。

まず、生徒会に入るための選挙活動を通して自己PRが上手になったことです。
選挙活動の時にはPRの文章をたくさん書き、演説もしました。
最初は自分の長所も分からなかったけど、この活動でたくさん見つけることができました。
この経験のおかげでその後の入試における面接や、就職活動の履歴書・面接でスムーズに自己PRができたのです。

次に生徒会選挙や活動を通して、人前に出ることに慣れたということです。
生徒会活動では全校生徒集会での司会進行を務めたり、地域での活動に参加して人前に立つことが日常茶飯事でした。
最初はとても緊張していたのですが、人前で話すということにだんだんと慣れてきました。
そのおかげで、大勢の人がいてもきちんと発言をすることができたり、緊張せずにプレゼンができるようになりました。

この生徒会活動の経験は、私の人生において大きなプラスになっていると感じます。