とにかく海外

大学時代で思い出すことといえば、海外、特に東南アジアにハマっていました。
大学は夏休みも春休みも2ヵ月ずつ、合計4ヵ月休みなわけですが、毎年ほぼ4ヵ月海外にいました。
一番よく行ったのはタイ。仲良かった友達もタイにはまりタイ語も勉強していたので毎回一緒でした。
長く滞在するにはお金もかかるので、とにかく切り詰めましたね。
まず飛行機は一番安かったバングラデシュ航空を利用していました。この飛行機は成田とタイを飛ぶ飛行機が週に1便しかなかったので、友達とも「今回は何週間行く?」といった感じで相談していたのがいま、思うとおもしろいですね。
向こうでの宿代も節約。私たちは女性なので、さすがにどこでもいいという訳にはいかなかったのですが、1泊日本円で600円くらいのゲストハウスでいいところを見つけたので、そこを常宿にしていましたね。
向こうでは夜、クラブのようなところで遊び、明け方宿に帰ってきて昼過ぎまで寝て、ちょっと観光したり町をブラブラして、また夜遊びに行く…の繰返し。
友達がタイ語ができるので現地の人たちとも仲良くなれて、とにかく楽しかった思い出ばかりです。
あんなに時間が自由になることは、老後までもうないんだろうな…。遊んでおいてよかったです。