とにかく遊んだ学生生活

学生の頃は、体力もあるし社会的責任が軽かったせいか、かなりアクティビティだったと思います。大学に慣れ始め、色んな地方の友人ができるまでそう時間は掛かりませんでした。
バイトもすきにできるようになり、休みが今までで一番長い。車もあって行動範囲がかなり広がった。これだけの条件があって遊ばない訳がありません。むしろ遊ばないと損だと思っていました。
今考えるとかなりムチャな事もやっていました。自分は群馬県の大学だったのですが、林檎が食べたいと言い青森までドライブしたり、タコ焼きが食べたいと大阪まで行ってしまったり。これらを思い付きでやってしまう若さって怖いですね。しかも、疲れて疲れ果てるまで遊び尽くしていた記憶があります。今では考えられません。でも一日一日を目一杯楽しんでいたと思います。
今でもその時の思い出を思い返すと、自然に楽しい気分になります。ツライ事もあったはずなのに、楽しい思い出に全てかき消されてしまいます。