なぜアルバイトの求人では未経験歓迎が多いか

アルバイトという雇用形態は、正社員とはいろいろな相違点があります。その中の1つが、未経験歓迎か否かです。
アルバイトの求人の広告には、よく未経験歓迎と書かれています。その比率なのですが、正社員よりも若干多いように思います。正社員の場合は、未経験者ではなく経験者を募集している広告が多い感じます。正社員の広告にて、未経験歓迎と記載されているケースは若干少なめかなと思います。
現在の日本では、経験者が優遇される一面があります。企業としても即戦力を求めている一面がありますので、経験者を募集している事が多い訳ですね。このため正社員の広告では、経験者限定で募集されているケースがしばしばあります。
ところがアルバイトの場合は、そこまでは求められないケースが多いです。というのも大学生の方々も多数いらっしゃるので、そもそも職務経験が無いのが前提になっているケースも多いからです。ですのでアルバイトは正社員よりも、未経験歓迎の広告が多いのかなと思います。