にぎにぎしい街の中のアルバイト

舶来雑貨店でアルバイトをしていた経験があります。
夕方からの勤務ですが、その地域は高級飲食店が立ち並ぶ一角でした。
今でこそセレブ以外の人たちも出入りができますが、その頃は自分のお金で
入店できるお店が少なく、大抵は会社の経費、接待でといった関係の飲食街でした。
その通りの中にあった舶来雑貨店にはいろんな客層がやってきました。
出勤前のホステスさん、会社のお偉いさん、男女のカップルがプレゼントやあるいは
自分用に買い物をするのです。
時には配達を頼まれて、ある飲食店へネクタイを選りすぐって届けたり
他のプレゼント用品を届けたりしました。
おもしろかったのはその飲食店に出入りしているうちにマネージャーから声が掛かったことです。転職してみないかということですが、もちろん断りました。
夜の街で毎夜起こる出来事もとても興味深いことが多く、社会勉強にもなりました。
通常なら経験できない世界の魑魅魍魎とした出来事を知ったり
自分の未来を見つめ直したりとためになったと思います。