はじめてのゼミで討論

大学の特徴というと、ゼミがあることだと思います。ゼミ意外だと、大きな教室で、いっせいに大人数で講義を受けるということが多くなる大学の授業の中で、ゼミは少人数で、いろいろな意見をかわせるのが特徴です。ゼミの中には、小学校からエスカレーターで来たという子や、いままでアメリカで暮らしていて、日本に帰ってきた子などもいました。

いろいろな環境の子たちが集まっていたので、とても刺激的でした。
大学のゼミというと、もっと難しいことをやるのかと思っていました。

が、案外テーマはかんたんで、それについて議論するのを重視していたので、自分の意見をきちんということが一番大切でした。高校のころは、こうやって討論することは少なかったです。

どちらかというと、大学受験のための勉強というかんじの授業だったのです。

こうして、自分の意見をあるテーマに対して考えて、それを相手に納得させる形で論理的に組み立てて、そして発表して、意見をぶつけ合うのは新鮮でした。