ひたすら焼きそばを焼いた学園祭

学園祭といえばやはり出し物、私の学校でも年に一度の学園祭ではクラスの出し物と部活の出し物の2つを担当していました。クラスの展示は主に部活に参加していない生徒に任せるという雰囲気だったので、私はひたすら部活の出し物の準備に取り組んでいました。
私が所属していたクラブでは伝統的に毎年出し物が決まっており、焼きそばと何かしらのデザートの2つを売り出すのが恒例でした。こういった食べ物系の出し物をするクラブは少なめでしたので、お客さんがずっと列を作っており、私も他の展示やお店を見て回る暇もなく、ひたすら焼きそばを焼き続けていました。たまに挟んである休憩時間も、実際は足りなくなった食材の買い出しに走ったりしていたので、ほぼ働き詰めという状態でした。
他の出し物を見て回ったり、校外からやって来る他校の生徒と仲良くなる機会が少なかったのは残念ですが、全て自分たちで仕入れから調理までを行い、屋台を運営するというのはなかなかできない経験だったので、今でも良い思い出になっています。