ぶどう農園のバイト

高校生の時、知り合いの男子に「ぶどう園のバイトがある」と誘われました。
時給は知り合い価格なのか、580円…。一日だけとの事で、了承しました。
大きくなったぶどうに、一つ一つ袋を被せていく作業です。
微妙な高さにあり、そのままだと背伸びして、ビール箱に乗ればやや屈む事になり、長身の私は試行錯誤でした。
しかもずっと腕を上げる作業の為に、部活で鍛えていたにも関わらず、二の腕がプルプルしてきます。
結び続けた指もかじかんできます。だんだんミスが多くなり、注意されたりしました。
楽かと思ったら、地味に辛い作業になってきました。
間に休憩を挟んで、5時間。ずっと同じ作業。
幸い、喋っていても注意はされなかったのですが、三時間過ぎたあたりで皆が無言になりました。
山の中の静けさの中、沈黙も辛いです。
終わった時には腰も腕も痛くてたまりませんでした。
若い私達がへとへとなのに、農園のおじさんはピンピンしていて、毎日しているとはいえ凄いと尊敬しました。
「次の日もどうだい?」
といわれましたが、一同「ごめんなさい」でした。