もう帰っては来ない夏休み

受験年の夏休みは勉強ばかりで遊ぶことが出来ません。本来であればうれしい存在であるのに、悲しいものに感じられます。しかし、勉強が追い付いていない私としては、とてもありがたい存在でした。「勉強に集中することができる!」と喜び、いろいろしておきたかったことを夏休み前に列挙していました。
しかし、いくら夏休みが長かったとしても、終わりは必ず来ます。なので、列挙したことをすべてできるとは限りません。私は結局全部をこなすことが出来ませんでした。しかも、予想以上にこなすことが出来ませんでした。塾なんかもあって、それに時間を割かなければならなかったというのも理由にはあるのですが、恐らく一番の理由は夏休みを過大評価していたからです。まだまだ時間があると考え、無計画にこなしていったので、全部をこなすことができなかったのです。
希望に満ちていた夏休み前の私は、夏休みを終えた時には絶望すら感じていました。後悔先に立たず。希望に満ちた夏休みはもう帰って来ませんでした。