もったいない塊が押入れに…

先日、押し入れを整理していた時、あるものを発見してしまいました。そのあるものとは大学時代に使っていた教科書です。教科書とは言っても、本屋で売られている普通のハードカバーの専門書です。なので、どれもとても高いです。授業で使うということで買わされました。とても痛い出費であったと、今でも記憶しています。
本来であれば、授業が終われば売ってしまってもいいのですが、私はそれをしませんでした。どうせ買ったのだから、しかり読んでから売ろうと思ったからです。ですが、さすがは専門書です。なかなか理解が難しいものでした。結局、読むのは後回しになり、今の押入れの奥に封印されている状態にまで至ります。今この本を売ったとしても、当時売った時の値段はつかないでしょう。どれくらいの金額を損したのか。考えたくもありません。もったいないから読んでしまうというのが間違っているとは思いませんが、全部読めていない今の現状から考えると、売ってしまえば良かったと後悔させられます。