もっと勉強をしておけばよかった受験

私が受験をした際、思ったことと言えばもっと真剣に勉強をしておけばよかったなということです。
資格を取るための受験は年に数度受けられるものもあります。

が、大学受験など大きな受験になると一年に一度しかないですし、一年過ぎると浪人してしまうといったリスクがあります。
私は第二志望の大学には受かることが出来たのです。

が、第一志望校には残念ながら合格することが出来なかったので、もっと勉強をしておけばよかったなと感じたり、真面目に頑張っておかないと後から後悔することを学びました。
ただ、受験は結果が全てでは無くて、希望通りの大学に行けた場合も行けなかった場合もその後の努力でいくらでもキャンパスライフを楽しめたり、人生を好転させることは出来るのです。
同じ大学を受験して合格した子たちの中でも成績やキャンパスライフには人それぞれ大きな差が出ます。

なので、受験だけが全てでは無く、受験を乗り切った後もたくさんの努力を続けることは非常に大切です。