やっぱり家庭教師でしょ

大学生のアルバイトといえば、やっぱり家庭教師でしたね。塾講師も多かったですが、わりと融通がきくアルバイトとして、周りでもやっている人が多かったです。
不思議なもので、大学のネームバリューがその地方にはあったため、大学の名前を出してダメだったことはほとんどないです。また、学校のレベルも可もなく不可もなくっていう地域だったので、全然授業が分からないって生徒は少ないのがいいところですね。
家庭教師には、受験をしたいって生徒も多いのですが、それよりも学校の授業についてこれるレベルにしてくださいっていう親御さんの要望の方が多かったです。一応受験になると責任も感じますが、たいてい生徒である子は頑張って勉強をしてくれるので、良好な関係を気づけます。家庭教師は最初にサイトに登録するのですが、それから個人的な契約をすれば、実入りも増えるのでとても便利です。継続的にできるのも魅力ですし、就職のときにもアピールできるので、やっぱり家庭教師やっててよかったな〜って思っています。