アパレルのアルバイト

私は高校を卒業後、しばらくフリーターをしていたのですが、
その時に、当時憧れていたアパレルの仕事に就いていました。

アパレル店員といえば、オシャレで、スタイルもよく、コミュニケーションも上手で、接客業の中でも特に憧れるものでした。特にファッションに夢中だった私は、はたらけることが決まった時、とても喜びました。

しかし、実際に働いてみると、アパレルの仕事はとても大変でした。例えば経済面です。お金を稼ぐ為にアルバイトをしていたのですが、一方で自店の服を着ることを求められました。
その為、月に3万円程洋服を買うことが当然のようにあり、生活費として使える部分は非常に限られていました。

接客業ですので、ストレスも溜まります。
それでもアパレルの仕事はやりがいがありました。
オススメして買ってもらえた時の喜び、気に入ってくれて何度も来てくれるようになるお客さん。そういう存在があり、とても救われた気分になりました。

厳しい仕事ですが、やりがいも大きく、誇りをもてるアルバイトでした。