アメリカと日本の就活の比較

日本では就活は、主に春がシーズンになります。その時期になると、多くの企業は学生を募って一気に選考を行うパターンが多いですね。
ところで就活というのは、日本だけではありません。アメリカでも、もちろん就活は行われています。そして国が違うゆえに、日本と異なる点が幾つかあります。
まず学歴だそうです。日本の企業では学歴はそこそこ大事な意味合いがありますが、アメリカの場合はそれが更に顕著なのだそうです。ですのでアメリカは、実は日本以上に学歴社会の一面があるのですが。アメリカで就活を行うためには、大学がかなり重要な意味合いを占めるかと思います。
それとアメリカは、通年採用です。前述のように日本の場合は春が主なシーズンとなりますが、アメリカの場合は春も冬も変わりません。日本の中途採用と同じく通年募集されているのが、アメリカの特徴です。ですので日本と違って、アメリカの就活ではスケジュール組みなども異なってくるかと思います。
以上の学歴と通年募集という2点が、アメリカと日本の就活の主な違いです。