アメリカにおける受験の意味

受験という言葉は、もちろん日本語です。ところでその言葉は、日本語以外の言語でも用いられています。英語にも、受験に相当する用語があるのです。
英語では受験を何と呼ぶかというと、examinationです。
examinationというのは、いわゆる試験のような意味合いがありますね。日本でもたまにそのexaminationという言葉が使われるケースがあります。その時には、たいていはペーパーテストなどを指す事が多いのですが。
つまりアメリカにとっては、受験という用語は入学試験という意味合いで用いられているケースが多いと思います。確かに入学試験も、受験の1つですね。
ただ日本で受験という用語を用いるとなると、もっと広義な意味合いが強いと思います。「学校での入学試験に対して備えること」すなわち「試験への準備」も含めて、受験という用語が用いられるケースが多いと思うのです。ですのでアメリカと日本とでは、ちょっと受験の意味合いが微妙に異なるのかなと個人的には思います。