アルバイトでいろいろな職種を経験しておくことが大切

学生時代に1つのアルバイトをずっと長く続けることは、とてもいいことだと思いますが、私はアルバイトだからこそ、いろいろな職種を経験してみるといいと思います。

正社員になったら、アルバイトのように簡単に転職はできませんので、アルバイトで自分にはどんな職種が向いているのか確認しておくといいと思います。

以前は、アルバイトというと接客業がほとんどでしたが、今はほとんどすべての職業をアルバイトで経験できます。
もし、接客業には自分は向いていないのではないかと思ったら、もう少し裏方の仕事をしてみたり、体力に自身がある人は宅配などの仕事もいいと思います。

どんな仕事にもいい部分と、大変な部分がありますから、自分は性格的にどんなことが好きなのか、自身できちんと確認することが大切です。
そうすれば、正社員としてどの分野に就職しようかということを、現実的に捉えて考えられるようになりますし、就職してから、理想と現実とのギャップに戸惑うことも少なくなると思います。