アルバイトでの懐かしい記憶

オープニングスタッフで雑貨屋さんで働くことになった時、オープンの三日前になってもなかなか準備が仕上がらず、5人くらいのアルバイト仲間で必死になって残業をして商品を陳列したり、たくさん入ってくる商品の在庫管理に追われた記憶があります。
当時はアルバイトは6時間くらいすればよいと思っていたのですが、オープン前はなかなかお店が仕上がらないトラブルもあり、8時間も残業して結果的にお店には14時間ほど滞在していました。
しかし、仲間たちも特に文句も言うこと無く非常に熱心に店を清掃したり、商品を管理して次々に段ボールから取り出して並べたり、とにかくオープンまでに店を何とか完成させないといけないというプレッシャーから必死に働いた記憶があります。
そのかいもあり、オープン前日には完璧な状態でディスプレイされた店が仕上がり、仲間たちと大喜びしました。
まだオープン前にもかかわらず、準備が上手く出来た開放感からアルバイト仲間で一緒に居酒屋に行って飲み会をしたのは非常に懐かしい思い出です。