アルバイトでも給料以上に得られるものがある

仕事にやりがいを求めるのは年配の人の論理なのでしょうか。
何となく最近は「やりがい」という言葉を聞かなくなりました。
例えばアルバイトの場合でもそのアルバイトをしていることがやりがいだと感じるようならば人気のある仕事となりそうですが、それ以上に今は待遇というものが重要視されていますから、「やりがいよりも給料」という風潮になってしまうのは仕方がない事なのでしょうか。

もちろんやりがいのみで生活は出来ませんし、給料がきちんと労働に見合った額支払われることは例えアルバイトであっても当たり前のことですから、それは前提問題です。

ただ、仕事は仕方なくやるもの、という風潮が広がるのは少し耐えられないです。
アルバイトというのはお金をもらうだけのモノなのかもしれませんが、学生の頃のアルバイトは社会人になってから役立つように、何らかの形で自分に還元されるということをもっと深く考えて欲しいと思ってしまいます。
過労死は耐えられませんが、どうせ働くならば「楽しい」と思えるようなことが一番だと思うのです。