アルバイトでも面接はキーポイント

アルバイトの募集要項を見た段階で、ある程度の業務内容や業務形態はわかりますが、実際の職場というのは働いてみないとわからないものがあります。
募集要項に書かれている仕事以外にどんな業務があるのか。働いている人たちはどんな人なのか。職場の雰囲気はどうなのか。シフトの融通はどのくらいきくのかなど、不安になる要素は尽きません。
不安な事やわからない事があったら、できるだけ面接で訪ねておきましょう。

アルバイトに応募して、面接で当たり障りのない事だけ答えていれば、採用はされるかもしれません。
しかし、いざ働き始めたらイメージと違っていた…ということになってしまっては、気持ちよく働く事ができませんし、仕事も長続きもしません。

面接でこちらの質問に真摯に向き合ってくれる職場なら、不安は解消され、楽しく働くことができます。
逆に、質問しただけで難色を示すような職場なら、採用されてもいい関係が築けるか微妙ですし、不採用になっても心おきなく次のアルバイトを探せます。