アルバイトでマナーを磨く

私がアルバイトをして良かったと思うことは、ただお金を稼げるということです。

それだけではなく、社会人として知っておきたいマナーを若い年齢のうちから実践的に学べたということです。
アルバイトをしていると非常に多彩な年齢層のお客さんを相手にする必要があります。

また、丁寧な言葉遣いをするだけでなく、心を込めて真面目な立ち振る舞いをする必要があります。
いくらアルバイトであっても、接客であればお店の看板を担っているような存在とも言い換えられます。

さらに、とにかくお客さんに失礼が無いようにすることが大事だったので、アルバイトをしてからマナーを磨くことが出来ました。
アルバイトをする時にはマニュアルが用意されていますが、マニュアル以外でも敬語の使い方について先輩アルバイトの人から細かく教えてもらえます。

また、表情の作り方なども指導されたことがあります。
アルバイトをしている時には、なるべく常に愛想良く笑顔で振る舞うことや、美しい敬語を話せることは非常に武器になると感じました。